耳鳴り 頭鳴り 原因 違い

頭鳴り原因と耳鳴りとの違い

a頭鳴り

 

頭鳴りは、頭の中や周辺で音が鳴っているように感じる時に使われる言葉で、頭鳴(ずめい)とも呼ばれます。

 

音は高音の金属音であることが多いです。

 

耳鳴りが耳の奥で音がしているように感じるのに対して、頭鳴りは後頭部や頭頂部、頭全体、両耳にかけて広い範囲で音を感じます。

 

 

頭鳴りは大きく2つに分類されます。

 

  • 他覚的頭鳴り
  • 自覚的頭鳴り

 

それぞれの原因を見ていきましょう!

 

他覚的頭鳴りの原因

 

他覚的頭鳴りとは、他の人にも聴診器などを用いることにより実際に聞こえる頭鳴りのことです。

 

他覚的頭鳴りには大きく2つの原因があります!

耳管開放症 耳管は通常閉じていますが、中耳の圧力の調節が必要なときにだけ開くようになっています。

その耳管が開いたままの状態になります。
自分の声や呼吸が響いたり、「ボー」という耳鳴りや閉塞感が特徴です。

耳管狭窄症 鼻と耳は「耳管」という細い通り道で繋がっていますが、この管が塞がったままの状態になります。

低音の耳鳴りが起こることがあります。

 

他覚的頭鳴りは、比較的原因がはっきりしているので、耳鼻科で治療が可能です。

 

頭鳴りの原因が他覚的頭鳴りである場合は少なく、大体が自覚的頭鳴りです。

 

自覚的頭鳴りの原因

 

頭鳴りと感じる場合の大部分が自覚的頭鳴りで、他人はその音を聞くことはできません。

 

なぜ音が起きてしまうのか原因がハッキリ分からないことも多い症状です。

 

自覚的頭鳴りと感じる場合の原因と考えられるものをまとめました!

 

老人性・突発性難聴 「キーン」と金属性の頭鳴りがするのが特徴です。
メニエール病 内耳のリンパが増え、聴覚器官である蝸牛が水ぶくれの状態になることです。
音響外傷

一度の爆音、または長期的な大音量によって聴覚細胞が損傷を受けること。
初期症状は、頭鳴りや音を大きく感じる聴覚過敏が起こり、その後難聴の症状が現れます。

中耳炎 内耳が細菌などの侵入で炎症を起こした状態です。
外リンパ瘻 内耳から中耳へリンパ液が漏出することによって、内耳の聴覚機能が傷害する病気です。
脳の病気 脳腫瘍、脳出血、脳梗塞

 

頭鳴りの中でも気をつけて頂きたいのが脳の病気で、広範囲で音がするので「頭鳴り」と感じることが多いと言えます!

耳鳴りと頭鳴りの違い

 

耳鳴りと頭鳴りの違いは、本人の音を感じている範囲の広さによるものです!

 

  • 耳に近い限られた範囲で音がすると感じるのであれば【耳鳴り】
  • 頭全体に近い広い範囲で音がすると感じるのであれば【頭鳴り】

です!

 

ただし、頭鳴りと感じるのであれば、より脳の病気である可能性が高いので、早急に病院で診察を受けてください。

 

また、耳鳴りや頭鳴りは原因や治療法も明確でない場合も多いです!

 

その場合でも、サプリメントで改善する方もいるので諦めないでください。

 

頭鳴りと感じる場合でも効果が期待できるサプリをまとめました♪