耳鳴り 漢方 市販

耳鳴りに効く市販の漢方は?

耳鳴りの症状に人気の市販の漢方薬をまとめてみました!

 

参考にしてみて下さい。

 

ストレスによる耳鳴りに効果的な漢方薬

 

ストレスには柴胡(さいこ)を使用した漢方が効果的と言われています。

 

ストレス・耳鳴りに効果があると言われている漢方薬をまとめてみました。

 

ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

うつ、不安、イライラ、不眠などは、漢方では「肝」の乱れが原因と考えます。

 

比較的体力はあるけれど、精神的に不安定な人に用いられる漢方薬です。

 

竜骨(ほ乳類の化石)や牡蛎(カキ殻)というカルシウムが入っているのが特徴です。

 

<使用されている漢方成分>
柴胡(サイコ)、 半夏(ハンゲ)、 桂皮(ケイヒ)、 茯苓(ブクリョウ)、 黄芩(オウゴン)、 大棗(タイソウ)、 人参(ニンジン)、 牡蛎(ボレイ)、 竜骨(リュウコツ)、 生姜(ショウキョウ)

 

 

クラシエ加味帰脾湯(かみきひとう)

ストレスによる不眠で耳鳴りがする人におすすめの漢方です。

 

食欲がなくなり、「血」が足りなくなると体力も低下し眠りも浅くなります。

 

消化器の働きを助けるのと同時に、精神も安定させる酸棗仁(さんそうにん)などを配合した漢方です!

 

 

<使用されている漢方成分>
人参(にんじん)、 白朮(びゃくじゅつ)、 茯苓(ぶくりょう)、 柴胡(さいこ) 、酸棗仁(さんそうにん)、 竜眼肉(りゅうがんにく)、 黄耆(おうぎ) 、当帰(とうき)、 山梔子(さんしし) 、遠志(おんじ)、 大棗(たいそう)、 甘草(かんぞう)、 木香(もっこう) 、生姜(しょうきょう)

 

クラシエ加味逍遙散(かみしょうようさん)

女性の更年期に起こる耳鳴りにおすすめの漢方です。

 

漢方では、「血」の不足で更年期の症状が起こると考えています。

 

この「血」は生理やストレスで減っていきます。

 

 

<使用されている漢方成分>
当帰(とうき)、 芍薬(しゃくやく)、 白朮(びゃくじゅつ)、 茯苓(ぶくりょう)、 柴胡(さいこ)、 牡丹皮(ぼたんぴ)、 山梔子(さんしし)、 甘草(かんぞう) 、薄荷(はっか)、 生姜(しょうきょう)

 

メニエール病の耳鳴りに効果的な漢方

 

メニエール病は、内耳がリンパ液の増加による水ぶくれになる病気です。

 

五苓散料(ごれいさんりょう)

体のはたらきを高めて、余分な「水」を体の外へ出す働きがあります。

 

特に配合成分中の桂皮には、内耳の浮腫や炎症反応を軽減する効果あると言われています。

 

メニエール病以外に、二日酔いなどにも使用される漢方です。

 

<使用されている漢方成分>
沢瀉(たくしゃ) 、猪苓(ちょれい)、 茯苓(ぶくりょう)、 白朮(びゃくじゅつ)、 桂皮(けいひ)

耳鳴りには漢方よりも西洋ハーブがおすすめ?

耳鳴りに対する漢方の難しいところは、症状によって処方が違うところです!

 

漢方医によって同じ症状でも処方が違うこともよくあることで、一般人が自分の症状にあった漢方を選ぶのは至難の技です。

 

その点、西洋ハーブは効果のデーターが集められ、有効成分のみを分離して使用していることが多く、専門的な知識がない人でも安心して使用できます!

 

 

耳鳴りにおすすめの西洋ハーブのサプリはこちら