パチンコ 耳鳴り・難聴 治し方

パチンコでの耳鳴り・難聴の予防方法と治し方

 

騒音で耳鳴りや難聴が起こる音量は、85dB(デシベル)以上の音を長時間聞き続けた場合に起こると言われています。

 

この85dBの音量というのは、大体電車の車内ぐらいの音量と思って頂ければいいです。

 

一方、パチンコ店内の音量はどれくらいかと言うと、104~108dBに相当します。

 

このパチンコ店内の音の大きさは、電車が通る時のガード下や車のクラクション音を2メートルの至近距離で聴くのと同じぐらいの音量です。

 

パチンコで耳鳴り・難聴の原因と症状は?

 

パチンコ店での耳鳴りや難聴の高音成分が耳に外傷を起こしやすく、主に傷害を受けるのは内耳の音を感じ取る有毛細胞です。

 

具体的症状は、耳の中でキーンという甲高い金属音が響くタイプ耳鳴りが起こるのが特徴です!

 

パチンコ店での耳鳴り難聴は、両耳とも同程度で起こり、特に高音域の音が聞き取りづらくなります。

 

また、大きな音を聴くと音が割れたり・雑音のように聴こえたりします。

 

 

パチンコ店の店員(バイト)・常連さんは耳栓で予防!


何か耳の聞こえがおかしい?少し耳鳴りがする?
・・・と思っても、店員(バイト)の方や常連さんはなかなかパチンコ店に行くのを止められない方も多いと思います。

 

そこで、おすすめの方法は、耳栓をすることです!

 

耳に高いダメージを与えるのは(1000~2000Hzの)高音域なので、耳栓を選ぶ際には高音域の遮音性に優れた耳栓を選ぶ必要があります。

 

また、長時間付けている必要があるので素材は痛くなりにくいポリウレタン素材がおすすめです♪

 

基準としてはNRR30(騒音dBを-30にする)以上を選ぶようにしましょう!

 

>>>おすすめ耳栓NRR33

 

お客さんならば、繰り返し何度も使用できるヘッドフォン型のイヤーマフもおすすめです。

 

>>>おすすめイヤーマフ

 

 

パチンコによる耳鳴り・難聴を治す方法

 

パチンコによる耳鳴りや難聴治療の1番大事なことは、「内耳の状態を良くする」ことです。

 

内耳がダメージを受けたあと、治療を開始する時間が早いほど治る可能性は高まることが分かっています。

 

耳鳴りや難聴が起きてから数日の内に治療を開始しましょう!

 

 

薬での治療

耳鼻科や病院にパチンコ店での騒音性の耳鳴り・難聴で通院すると以下の薬が処方されます。

 

ATP(アデノシン三リン酸)製剤 体内のエネルギー供給物質であるATP(アデノシン三リン酸)が主成分で、血流、新陳代謝の改善作用があります。
ビタミンB12製剤(メチコバール) 神経細胞の修復やタンパク質・脂質などの代謝を改善する作用があります。
ニコチン酸アミド・パパベリン塩酸塩配合錠(ストミンA) 内耳の細胞の機能や血流を改善します。

 

 

サプリでの治療

騒音性の耳鳴り・難聴は、確実な治療法は確立されておらず、病院に通っても改善しないこともあります。

 

病院で処方された薬でも改善しなかったという方も、サプリメントで改善したという方が多数います。

 

サプリメントはお薬と併用できるので、耳鳴りや難聴が始まった初期段階に同時に使用するのがおすすめです!

 

 

>>>耳鳴り・難聴おすすめサプリメントランキング