耳鳴り うつ病

うつ病が原因の耳鳴りの治し方!

耳鳴りストレス

耳鳴りは、難聴とともに起こることが殆どで、原因として明確なことは解明されていません。

 

ただし、次のような原因で起こると考えられています。

 

  1. ウイルスの感染による聴覚細胞の炎症
  2. 加齢などによる聴覚細胞への血流の減少
  3. 大きな騒音による聴覚細胞へのダメージ
  4. 薬の副作用

 

うつ病が原因の耳鳴りは、②の加齢による耳鳴りと同様に、ストレスを受けることによる脳への血流の低下により聴覚細胞がダメージを受け起きていると考えられます!

 

ストレスを感じると人は交感神経優位となり、緊張時と同じく無意識のうちに血管を収縮させます。

 

 

まずは、ストレスを取り除くことが先決ですが、ストレスを取り除くことができない状況の時には、脳の血流を上げることにより改善が期待できます。

 

方法としては、

 

 

などの方法があります。

 

耳鳴りが原因のうつ病の治し方!

耳鳴りストレス

うつ病が原因で耳鳴りが起こることは多いですが、既に起きてしまっている耳鳴りで更にストレスを抱えてしまうことがあります。

 

耳鳴りでイライラしてしまうことにより、症状が悪化してしまう恐れがあります。

 

 

 

この既に起きてしまっている耳鳴りへの対策は大きく3種類です!

 

①意識的なトレーニング
②音響療法
②補聴器の使用

 

意識的なトレーニング

 

意識的なトレーニングとは、心理療法です。

 

聴こえてしまう耳鳴りとどううまく付き合うかという意識のトレーニングです。

 

根本的な解決にはなりませんが、専門医のカウンセリングによりストレスが緩和することがあります。

 

音響療法

耳鳴りと難聴が併発していない場合に用いられる治療法で、常に聞こえる耳鳴りから意識をそらす小さな音を発生させる補聴器に似た小さな器具を耳に装着します。

 

耳鳴りが緩和される場合があります。

 

 

補聴器の使用

耳鳴りストレス

2015年3月4日のNHKのためしてガッテンでも紹介されていましたが、耳鳴りの最新治療の見解として脳の視床下部が原因という見方もあるようです。

 

 

耳の聞こえが悪くなった結果、脳の視床下部が音の電気信号をより良く拾おうと感度を上げることにより耳鳴りが起こるというものです。

 

 

補聴器を使用して、聴こえない部分の音域を補うと脳の視床下部の音を拾う感度も元に戻り、耳鳴りがしなくなるというものでした。

 

6ヶ月以上の長期間耳鳴りが続くような場合には、1度補聴器を使用してみるのもオススメです。

 

 

補聴器は高いというイメージがありますが、最近は1週間単位でレンタルも出来ます。

 

耳の中に入れるタイプの目立たないものから、ヘッドフォンタイプのものまで色々あるので試してみて効果があれば購入を検討してみてもよいのではないでしょうか?

 

>>>補聴器レンタルはコチラ

 

とは言え、耳鳴りのする方の約90%の人は難聴を患っています。

 

このことは、難聴を改善させると、耳鳴りも改善することを示しています!

 

 

 

難聴・耳鳴りの改善におすすめのサプリメントをまとめてあるので是非参考にして下さい!